どうも僕です。

まずはこの写真をご覧ください。
「ぱくたそ」様から拝借しました。

BO15103049151030495004_TP_V



どうですか、この筋肉。
地球人ですよ?
地球人でも、トレーニングと食事次第で、ここまでなれるんです。


これには、トレーニング理論や栄養学など、
様々な科学を利用することになります。

スポーツというより、
筋トレという視点で語っていきますね。


筋トレと聞くと、
多くの人は重いものを持ち上げたりするだけ、
即座に筋力アップできるかのようなイメージを持ってるかもしれませんね。

実はそうではないんです。

筋肉に負荷がかかると、筋繊維がブチブチってちぎれていきます。
俗に言う、筋肉痛がそれを回復している最中のサインですね。

一度ちぎれた筋繊維が元のとおりに修復されるまで、
睡眠と時間と栄養が必要になります。

トレーニングの仕方や量にもよりますが、
修復されるまでにおよそ48時間から72時間、
その間にちゃんと睡眠と栄養補給を伴わないと回復しません。

この修復されるまでに、
カラダが前より頑丈になろうとしますので、
少しづつですが、筋トレを繰り返すたびに太い筋肉へとなっていきます。


ここで大事なのは、
筋トレをやり始めたばかりの頃は、
筋肉よりも神経のほうが先に発達するので、
なかなか太くならずに悩む時期があるかと思います。

くよくよ考えずにトレーニングを続けて、
睡眠と栄養をとっていくことだけを考えていけば問題ありません。


この記事で訴えたいのは、
筋トレさえすれば、筋肉がつくと考えると危ないよってこと。

同時に時間と睡眠と栄養をはさんで、
筋肉に修復させる猶予を与えないと、逆効果で貧弱になっていきます。
休むこともトレーニングです。


再び写真を見ていただきたいのですが。


BO151030385007_TP_V


ドラゴンボールを強制するわけじゃないけど、
地球人でこれだけのカラダになれます。
ちゃんとトレーニング理論に則って鍛えれば。

強い男が男らしくないですか?

まっちょめーん!!