タグ:スマホ

どうも僕です。

断捨離という言葉は割と昔からありますが。
ミニマリストという言葉はここ数年ででてきたんじゃないかな。

具体的に説明すると、
普段から断捨離を心がけていて、
モノだけでなく、人間関係も少なくしてより良くより濃い人生の人、
これがミニマリストの定義で間違ってはいないかと思います。


こんまり先生から始まり、
ミニマリストの人たちがブログを書いたり本を執筆したり、
youtubeで動画をUPしていたり。


モノがいっぱい部屋にある人は、
整理整頓ができないのではなく、不用品を処分できないのが正解だとも言われる。

貧乏自慢が絶えない人や、ココロが病んでいる人の多くは、
たいてい自分の家、自分の部屋に使わないモノであふれかえっているケースが多い。


モノも少ないほうがいいけれど、
普段の友達付き合いも、100人の知り合いよりも、
親友と呼べる人がひとりだけのほうが人生うまくいくことが多い。


ここまでは、断捨離やミニマリスト系の本を読めばたいてい書いてある。

僕が提唱するのは、
スマホやパソコンの中のデータなんかも、
使わないものは処分して整理しておくのが大事と思いますよ。

有料のアプリであっても、
使う機会がない、もしくは長期間使わないと判断できるものは、
サクッと削除してしまったほうがいい。

写真や動画なんかも、
みないのであれば放置してとっておくのではなく、
見返すものだけを保存していくのが吉だと思われます。


とくに写真なんかは、
見返さないのに何年もとっておいて、
いざ必要になった写真を探すときに手間取ってしまっては元も子もない。


最近はクラウドに枚数無制限で写真を保存できるサービスもあるが、
自分が見返さなかったり、使う機会がないのであれば、
完全に無駄なデータなので、削除してしまっても、何も問題ないですよね。


そんなこんなで、今回の記事をまとめると。
・モノだけでなく、人間関係や、スマホやパソコンのデータも断捨離して、
ミニマリストな生活になると、効率がよくなって仕事もプレイベートも充実するでしょう。

アイム・ミニマリスト
YADOKARI
三栄書房
2015-11-27





どうも僕です。

スマホvsパソコンで、どっちが良いかとか、
そういう議論や話題がちらほらありますよね。

結論から言います。
「どっちが良いとかじゃなく、使い分けましょう」

厳密にいうと、スマートフォン、タブレット端末、
パソコンもウルトラブックのようなものからデスクトップまで。

この中で1番持ち運びに特化しているのがスマートフォンですね。
今はiOSかAndroidの2択だと思いますが、
贅沢を言えば、この2択も用途によって使い分けが1番いいと思います。


なぜ、こんな文章を書こうと思ったかというと、
僕の知り合いのかなり多くの人がスマホさえあればパソコンいらない、
スマホで全部できると豪語しているからです。

確かにスマホでできることは年々増え続けてはいます。
確かに持ち運びできて便利です。

しかし、そのスマートフォンのバックアップをとったり、
ちゃんとしたデジタルコンテンツ(画像・動画・音声など)を作ろうとすると、
パソコンでないとできないに等しいはず。
できるという人がいるのならば、教えていただけたら幸いです。

普段の連絡手段としてはスマートフォンの右に出るものはないと思いますが、
ちゃんとしたプロ級のコンテンツを作ったり、そういうことはパソコンのほうが有能。

そういう親のもとで育った子供がかなりかわいそうでなりません。

今はだいぶ値段もさがって性能がよくなったので、
最新のiPhoneと同じか少し安いくらいの値段で、ほぼほぼハイエンドなパソコン買えます。

もしかしたら、その子供が世界でも有数のホワイトハッカーや、
ヒカキンに相当するような大物が出る可能性があるのに、
その可能性を完全に閉じてしまうのはもったいないというか、
今の時代なりの親の責任を果たしてほしいですよね。


わかりやすく簡潔に書きますと、
スマートフォンは外出先、要するに移動して使うのに最適。
パソコンは大きな画面で作業を効率よくできるのがメリット。

iOSならappleID、AndroidでもGoogleのアカウントで同期が簡単ですから、
どっちが良いとかじゃなく使い分けしていくのが最善だと思います。



例をだすと、自動車だって使い分けしてるじゃないですか。
原付バイクは自分ひとりだけのちょっとした移動で。
4人から8人乗りは家族や仲間と。
トラックは大きな荷物や大量の荷物を運び、
バスなんかは大人数の人間を乗せて移動しますよね。

なので、スマホもパソコンも、
どっちが良いとかでなく、使い分けが1番だよね、
というのを訴えたかったのでありました!!





↑このページのトップヘ