カテゴリ: インターネット

どうも僕です。

スマホvsパソコンで、どっちが良いかとか、
そういう議論や話題がちらほらありますよね。

結論から言います。
「どっちが良いとかじゃなく、使い分けましょう」

厳密にいうと、スマートフォン、タブレット端末、
パソコンもウルトラブックのようなものからデスクトップまで。

この中で1番持ち運びに特化しているのがスマートフォンですね。
今はiOSかAndroidの2択だと思いますが、
贅沢を言えば、この2択も用途によって使い分けが1番いいと思います。


なぜ、こんな文章を書こうと思ったかというと、
僕の知り合いのかなり多くの人がスマホさえあればパソコンいらない、
スマホで全部できると豪語しているからです。

確かにスマホでできることは年々増え続けてはいます。
確かに持ち運びできて便利です。

しかし、そのスマートフォンのバックアップをとったり、
ちゃんとしたデジタルコンテンツ(画像・動画・音声など)を作ろうとすると、
パソコンでないとできないに等しいはず。
できるという人がいるのならば、教えていただけたら幸いです。

普段の連絡手段としてはスマートフォンの右に出るものはないと思いますが、
ちゃんとしたプロ級のコンテンツを作ったり、そういうことはパソコンのほうが有能。

そういう親のもとで育った子供がかなりかわいそうでなりません。

今はだいぶ値段もさがって性能がよくなったので、
最新のiPhoneと同じか少し安いくらいの値段で、ほぼほぼハイエンドなパソコン買えます。

もしかしたら、その子供が世界でも有数のホワイトハッカーや、
ヒカキンに相当するような大物が出る可能性があるのに、
その可能性を完全に閉じてしまうのはもったいないというか、
今の時代なりの親の責任を果たしてほしいですよね。


わかりやすく簡潔に書きますと、
スマートフォンは外出先、要するに移動して使うのに最適。
パソコンは大きな画面で作業を効率よくできるのがメリット。

iOSならappleID、AndroidでもGoogleのアカウントで同期が簡単ですから、
どっちが良いとかじゃなく使い分けしていくのが最善だと思います。



例をだすと、自動車だって使い分けしてるじゃないですか。
原付バイクは自分ひとりだけのちょっとした移動で。
4人から8人乗りは家族や仲間と。
トラックは大きな荷物や大量の荷物を運び、
バスなんかは大人数の人間を乗せて移動しますよね。

なので、スマホもパソコンも、
どっちが良いとかでなく、使い分けが1番だよね、
というのを訴えたかったのでありました!!





どうも僕です。

僕が高校を卒業してから、
主に2002年頃からの歴史をクルッとまるっとまとめてみるよ。


当時、ISDNの時代が終わり、
ADSLや光回線で高速回線でのインターネットが普及し始めた頃なんだよね。

それにともない、ストリーミング配信と呼ばれる形式で、
今の地デジやFMラジオと同等のことがインターネットで可能になってきた。

今はYouTubeでのライブ配信(生放送)がトレンドのひとつになっているが、
僕はすでに当時から同じようなライブ配信を経験していた。


shoutCastや、jetCastなどの配信ソフトで、
自分のパソコンをサーバーにして音声を配信するのが、
コアなネットユーザーの間で流行ったんだよね。

ちょっと設定をすれば、動画も配信可能だった。

いろいろなサイトのチャットルームで集まった仲間内で、
日夜、雑談が繰り広げられておりました。


その頃、同時にコアな人達で人気になったのは、
「ねとらじ」と呼ばれるラジオが配信できるサイトだ。
したらば掲示板という、某有名匿名掲示板を模倣して作られた掲示板で、
ラジオDJが書き込まれた文章を読みながらの雑談配信が繰り広げられていた。

ニートがニートとケンカをしたり、
DJが60分ごとに交代して24時間ラジオが行われたり、
東日本大震災のときには、有志によるチャリティラジオもあった。


その頃は同時に、ユーストリームやらじろぐという配信サイト、
今はなきゲームサイトのネットマーブル内のチャットで、
Yahooチャットのようなサービスがあったり。

この頃はネット配信の黎明期だったかもしれない。


そして今は、これらのサイトが過疎化、もしくは潰れてなくなってしまい、
ツイキャスやふわっち、ユーチューブライブがトレンドになりつつありますね。


ねとらじで人気だった配信者は、
より人気になるためにニコ生で活動するようになり。

ニコ生で人気だった配信者は、
より収益をあげるためにツイキャスやふわっち、
SHOWROOMやYouTuberへと居場所を変えてきています。

今はネット配信・成長期と言えば的確でしょうかね。
成熟期に突入する頃に、どんなサイトや配信者が生き残るのか、
ネット配信の戦国時代だと、僕は勝手に思ってます。






どうも僕です。

いい感じ♪いい感じ♪ほんとはどーでもいい感じ!!
とかなんとか、冗談はおいといて(笑)


それは僕が大学生の頃、
親元を離れて一人暮らしをしていたときでしたね。

機械工学科だったので、
設計や機械制御がコンピューターでやるために、それの勉強のためと、
自宅でもレポートの類をパソコンでできたらいいなと思って、
なけなしのバイト代と奨学金をはたいてパソコンを1台買ったわけです。

ある日、レポートが終わって暇な時間ができたんで、
Yahooをテキトーにクリックして、何気なくいろいろ見ていたときでした。

そうしてYahooチャットというのを発見して、
「へぇ、チャットなんてのもあるんだ。どんな感じだろうなぁ?」

クリックしてチャットルームに入ってみたら、
パソコンのスピーカーから人の声が聞こえるわけですよ。

「え、なになに?パソコンにマイクさせばみんなに声聞こえんのかこれ?」

だけども、その場にマイクなどあるはずがないので、
機械工学科だけに工学的知識を持ち合わせていた僕は、
ヘッドフォンをマイクとして代用して、


このときの経験が、僕のその後の人生を決めましたね。
今でこそ、ニコニコ生放送やユーチューブライブ、ツイキャスなんかで、
ネット配信が当たり前になりましたが。

当時は大学の教職員でさえも、
skypeってなぁに?おいしいの?って状態でしたので、
この頃、しかも18歳とか19歳のうちにこういう経験できたのは大きいと思います。


チャット仲間から誘われ、ゲームサイトやニコニコ生放送なんかにもハマり、
僕がこれまでで何人とチャットしたのか、数え切れません。
少なくとも累計で3000人とかになりそうです。

19歳から数えたとして、僕のネット歴は今年で17年になりますかね。

10年以上で数千人とチャットしてきましたので、
中には天国に行ってしまわれた人も何人かいるわけです。

不慮の事故や病気などで、あの人が亡くなったから、
メッセージなどあれば、誰々さんが取り繕って遺族に渡すらしい、
というようなことになったこともあります。


困りごとなどがあれば、
相談したりされたり、いろいろ助け合って僕は生きてきました。

僕の最近は相談にのることが多くなってきましたが、
大学生の頃はとくに相談することが多かったです。

かなり助けられましたし、人生哲学的なことも技術的なことでも、
僕が大学のキャンパスで学んだことより、
自分の部屋に引きこもってネットして培ったことのほうが大きすぎます。

本当に老若男女、いろんな年齢、性別、職業の人と仲良くなれたことは、
僕の一生の財産です。
まさに生きてるだけで丸儲け。


あのときのYahooチャットというきっかけがなければ、
今の僕はまったく違った人生を送っていたと思います。

というわけで、
僕がインターネットにハマったきっかけの話でした。



↑このページのトップヘ