どうも僕です。

またしても料理を切り口に科学を語りたくなってしまいますた。

前回とはまた違った感じで語っていくよ!

この記事では、
文系科目、文学や歴史学なんかも、
探求、研究するという広い意味で科学と定義するよ。


料理とは、火を扱う、
要するに食材を加熱することで料理になるよね。
例外はあるけどね。

それを行うには、まず自然科学、いわゆる理学が必要だよね。
ガスや木などを燃やして加熱するのなら、
有機物が酸化することによって熱が発生する仕組みを理解しないと扱えない。

空気(酸素)を効率よく有機物に供給し、
さらに二酸化炭素を効率よく外気に逃がすことが必須。

でないと、そもそも燃えないし、不完全燃焼で一酸化炭素中毒で大変なことに。


電気を流して加熱する場合は、
フレミングの手の法則、オームの法則、
この辺は理解しておかないと、漏電したりショートする可能性があるし、
効率よく食材を加熱できなくなる。


食材や調味料の量を測って、
ちょうどよい量や味にするために数学が必要にもなるよね。

味覚に関して、
甘みになるのは糖分で、しょっぱいのは塩分で、
旨み成分がアミノ酸で、という感じで分類できるとより効率よく調理できるね。


さらに、食材選びやメニューを考えるのに、
その料理に関する歴史や文学なんかも知識があると、
あべこべなメニューやレシピにはならなくなると思うのよ。

パスタなら南イタリアの料理だから、
イタリアでどういうときに、どんなパスタが食べられるか、
イタリアという国の歴史とか、そういうのを学んでおくと、
知らないよりは、まったく違って良い料理ができると思わない?


食材や調味料の調達にしても、
そういう歴史とか世界情勢の知識があればあるほど、
効率よく選べると思うんだ。

同じ豚肉にしたって、
あの国では焼くことが多いけど、あっちの国は煮込み料理に使うなーとか、
この国の豚肉は高いんだけど、輸送費が高いからなのか、
戦争をしていて情勢が悪いからなのか、ブランド肉なのか、とかね。


もちろん、お金の計算には数学が必要だし。



同じことが料理以外にも、
すべてのことに言えるよねっていうのが、
古代中国の孔子の論語、福沢諭吉の学問のススメで、
かなり昔に書かれているわけ。


学問を究めること自体が楽しいことだし、
何をするにしても役に立つし、無駄なことはない、知ってて損はない、
っていうのを何千年、何百年も前に文献としてまとめられてるわけ。


たーのしーよねー!!

世界ふしぎ発見!
どんどん発見していくと、とっても面白い。