どうも僕です。

今の時代、高級車に乗り回したいとか、
億ションみたいな豪邸を建てたいとか、
そういうモチベーションで頑張ってる若者がだいぶ減ったように僕は思う。

好きな有名人やアイドル、アニメやゲームにハマる若者がだいぶ増えたような気がする。


僕が提唱することのひとつに、
現代版・三種の神器というのがあるんだ。

それは教養・娯楽・コミュニケーションのみっつ。


現時点のテクノロジーで、
その日のうちに北海道から沖縄まで移動できちゃうし、
なんなら、先進国同士であれば、次の日には到着してしまう。

衣食住も、20年前では考えられないくらいハイクオリティなもので、
値段も何分の1にも安くなってるんじゃないかな。

ファッションは高いものが良いという主義の人もいると思うが、
ユニクロやGUなんかの服でも、着こなし次第ではブランド品と同等。

実際に僕がユニクロのジーンズをはいていたら、
ブランドのジーンズと間違う人がけっこういた。


人間の目は思ってるよりもごまかしが効くもので、
値段ですべてを決めることは、とても難易度が高い。


僕の食に関する価値観だと、
新鮮だったり手間を掛けた理由でおいしいものは積極的に食べたいのだけど。

単純に珍しいから高額なものは、それほど興味を持てないのですよ。


服や家も一緒で、
同じクォリティならば安いに越したことはないし、
こだわるにしても、珍しいからではなく、手間をかけたから良いものを僕は好みます。


日本はすでにそうだし、
先進国の多くもそうだと思うけれど。
すでにインフラは整ってるし、餓死したっていう話を聞いたことがないほど食べ物も多い。


テクノロジーによって、いろいろなものがここまで整ってしまうと、
物欲というのは確実になくなってしまうよね。

インスタばえっていう言葉が流行ってるのは、
実にそういうのを示してると僕は思うんだ。

モノ自体より、
経験の記録を残すことが流行ってるってことは、
まさに教養と娯楽、それらによるコミュニケーションでしか大金が稼げない世の中だと思う。
人間としてあるべき姿を考えると、機械でできることは機械にまかせておいて、
人類すべてが哲学者であり、アーティストでもある世の中のほうが良いに決まってる。


さらに移動通信網が5Gになろうとしているけれど、
実現すれば、今までの10年より、これからの10年のほうがさらにすごい変化をするはず。


研究職の人も広い意味での哲学者と捉えれば、
もっと多くの人が研究職に就いていくようにならないと世の中はまわらないと個人的に思います。


なので、誰もやりたがらないような、
単純作業とか肉体労働で、一生を棒に振る人生を送っちゃいけないと僕は思う。

もっと知的で、世の中の人が少しでも面白いと思ったり、役に立つことをすべきと思う。

芸術家ももっと増えていいし、料理人やクリエイターももっと増えていいはず。
自分が純粋にやりたいことを無視し、ブラック企業で永遠と寿命を縮めるとか、
そんなんするより、少しくらい低収入でいいから、やりたいことをやればいいのにね。

好きなことで行きていくじゃないけれど、
人間が人間として知的な活動をするほうが精神的にもいいし、
理論上は過労になることはないはずなんだ。

好きな時間に好きなだけやりたいことを全うする人生、
ここまでテクノロジーが発展したのだもの、実現する人がひとりでも増えてほしいものですね。






どうも僕です。

あれから10年以上経つのか。
あれというのは僕が大学を卒業してから。

その頃、まじめに就職した人の中で、
今現在、将来有望な会社に勤めて順調に出世するなり大きな仕事してる人、
どれだけいるんだろうね。

結論を先にいうと、
その頃に就職した人の中で、ちゃんとした給料をもらい、
さらに出世などした上で、その会社が将来有望なのは、ほぼいないんじゃないか?
確かに就職も良いけど、全員に強要するものじゃないよねって話。

就職はあくまでも選択肢の1個ってだけで、
自分ひとりでフリーランサーみたいなのも十分に成り立つ世の中だから、
就職も一匹狼も、好きに選べるのが1番良いじゃない?


最近は割と一匹狼で自分の家にあるパソコンだけで生計たててる人が多くなったので、
だいぶ偏見が誤解が減ってはきているけども。

今一度、その辺をおさらいしていこうと思うよ。



そういう仕事の中で有名なのがYouTuberかもしれませんね。
自分で撮影などした動画を自宅のパソコンで編集をして、
YouTubeにUPしていくだけで再生数に応じてお金が入る仕組み。

実はYouTuber以外、もっといえば動画以外で、
同じように広告収入や物販などで稼いでる人のほうが多いかもしれません。

彼らは目立たないですし、
地デジやヒカキンのように万人受けではなく、
コアなニッチなことをしても、自分ひとりが暮らしていくには十分に収益あがります。

ホワイトハッカーのように、コンピュータ技術に優れていれば、
SNSなどのお役立ちツールのようなアプリを作ったり。

人様に見せれるレベルで絵が描ければ、
それをブログで発表したり、売りに出したり、依頼を受けて収益あげれます。

文章が書ければ、このブログみたいに書き綴ったり、
メルマガなんかをやってみれば、継続ありきだけども、
少し時間がかかっても、なんとかなってしまったりする。

手芸品などであれば、
製作過程をyoutubeやブログなどで発表して広告収入のうえで、
実際に作ったものを物販とかね。


やり方は十人十色で、一生続ける意気込みで継続できればなんとかなってしまったりする。


なんとかなってしまったりする、というと、就職のほうがいいじゃないの?
って思う人がいるかもしれないが、就職だって将来性という意味では同じじゃないの?

よっぽど有能な人でない限り、
むしろ就職のほうが将来性やばいんじゃないかな。


いろいろな国際機関や国家機関などで統計データが出ているけども。
10年後、さらに20年後とか、今ある会社がそのまま存続している確率は、
どんなによく見積もったデータをみても50%以下というのしか、僕は見たことがない。

要するに、今の若者が就職したとして、
20年後には半分以上の人が失業しちゃうっていうデータがでてるわけ。


長時間の低賃金労働でひぃひぃ言って、休むに休めない日々をおくる人生と、
同じお金で好きなことに熱中できて、好きなときに休みたいだけ休める人生。

人間として幸せなのはどっちでしょうね。
僕はやりたいことに熱中できて、ちゃんと休める人生がいいです。
そのほうが生産性が高いし、より良いものができるし、過労で天国に行くなんてこともない。


何よりも、やりたくもないことに超絶に忙しくなると、
クリティカル・シンキングができなくなってくる。
よって、時代にあわせて変化できなくて、人生という船が早い時期に沈没しちゃうよね。


それを教えているのに、いがいと学校の先生ほど理解してないことだけど。
人間の歴史をみれば、一発でわかるよね。

人間は最初、狩猟生活してたってのは日本でいう縄文時代より前の話。
弥生時代とかになってきて、ちゃんとした農耕生活が始まったよね。

そして、全員が働かなくてもよくなった。
だから、宗教を職業とする人、いわゆるお坊さんや牧師さんなんかがでてきたわけ。

日本で言う江戸時代までは、あまり変わることなく、非常にゆるやかに時代は進んでいったと思うの。

農耕生活の次の大きな変化は、日本でいうところの、ペリーの開国だったと思うの。
あらゆるものが機械化され、さらに働かなくても良い人が増えて、
娯楽や教養で生計をたてる人が増えてきたよね。

本や雑誌、ラジオやテレビ。
まさに娯楽と教養だよね。

次に大きな変化は、インターネットの普及だと思うの。
銀行の窓口の営業時間内でしかお金をおろせなかったりしたけど、
ATMでできるようになり、コンビニで支払いもできるようになり。

いろいろなものが自動化したり、効率化できて、
さらに働かなくても良い人が増えてきて、さらに娯楽と教養が発展して、
ヒカキンやバイリンガールちかさんみたいな人がでてるわけ。
↑今ここ。

今はAIが普及している最中で、AI黎明期だと僕が勝手に思っています。

自動車などの自動運転が普及して、やっとAI成熟期かなーと思ってます。


もうすでにこの話はいろんな有識者が本やブログ、メルマガとかで言ってるけど、
本気でいまだに就職だけが人の道で、それ以外はクズ扱いする人は、
もっと世の中を勉強したほうが良いと思うんだ。

世の中というより、科学リテラシーとITリテラシーを高めてほしい。

就職?なにそれおいしいの?って時代が割と近い将来になりそうですね。

どうも僕です。

スマホvsパソコンで、どっちが良いかとか、
そういう議論や話題がちらほらありますよね。

結論から言います。
「どっちが良いとかじゃなく、使い分けましょう」

厳密にいうと、スマートフォン、タブレット端末、
パソコンもウルトラブックのようなものからデスクトップまで。

この中で1番持ち運びに特化しているのがスマートフォンですね。
今はiOSかAndroidの2択だと思いますが、
贅沢を言えば、この2択も用途によって使い分けが1番いいと思います。


なぜ、こんな文章を書こうと思ったかというと、
僕の知り合いのかなり多くの人がスマホさえあればパソコンいらない、
スマホで全部できると豪語しているからです。

確かにスマホでできることは年々増え続けてはいます。
確かに持ち運びできて便利です。

しかし、そのスマートフォンのバックアップをとったり、
ちゃんとしたデジタルコンテンツ(画像・動画・音声など)を作ろうとすると、
パソコンでないとできないに等しいはず。
できるという人がいるのならば、教えていただけたら幸いです。

普段の連絡手段としてはスマートフォンの右に出るものはないと思いますが、
ちゃんとしたプロ級のコンテンツを作ったり、そういうことはパソコンのほうが有能。

そういう親のもとで育った子供がかなりかわいそうでなりません。

今はだいぶ値段もさがって性能がよくなったので、
最新のiPhoneと同じか少し安いくらいの値段で、ほぼほぼハイエンドなパソコン買えます。

もしかしたら、その子供が世界でも有数のホワイトハッカーや、
ヒカキンに相当するような大物が出る可能性があるのに、
その可能性を完全に閉じてしまうのはもったいないというか、
今の時代なりの親の責任を果たしてほしいですよね。


わかりやすく簡潔に書きますと、
スマートフォンは外出先、要するに移動して使うのに最適。
パソコンは大きな画面で作業を効率よくできるのがメリット。

iOSならappleID、AndroidでもGoogleのアカウントで同期が簡単ですから、
どっちが良いとかじゃなく使い分けしていくのが最善だと思います。



例をだすと、自動車だって使い分けしてるじゃないですか。
原付バイクは自分ひとりだけのちょっとした移動で。
4人から8人乗りは家族や仲間と。
トラックは大きな荷物や大量の荷物を運び、
バスなんかは大人数の人間を乗せて移動しますよね。

なので、スマホもパソコンも、
どっちが良いとかでなく、使い分けが1番だよね、
というのを訴えたかったのでありました!!





↑このページのトップヘ